新形式TOEIC対策特集

新形式TOEIC対策特集

リスニング満点

東京SIM外語研究所 所長のダン上野Jr.です。さてこの2016年の春、TOEICの出題形式の変更があり、新形式TOEICとしてスタートしたのはご承知のとおりです。
「いったい、どのように変わったの?」「点数が取りにくくなったのでは?」「どのように対処すればいいの?」そのような皆さんの疑問に答えるべく、急きょレポートをまとめました。

どう変わったのか?新形式TOEIC

今回のTOEICの改訂の要点をまとめたものが、下表の「問題構成の変更点」になります。これを見る限り、比較的やさしめの問題が減り、難易度が上がっていることがわかります。

新形式問題導入に伴う問題構成の変更点

リスニングセクション(約45分)

パート

パート名(変更事項を色文字で示しています)

問題の変更点

1

Photographs

写真描写問題

10 → 6

2

Question - Response

応答問題

30 → 25

3

Conversations
→ (with and without a visual image)

会話問題

30 (3×10) → 39 (3×13)

4

Talks
→ (with and without a visual image)

説明文問題

30(3×10)

リーディングセクション(約75分)

5

Incomplete Sentences

短文穴埋め問題

40 → 30

6

Text Completion

長文穴埋め問題

12 (3×4) → 16 (4×4)

7

・Single passages
・Double passages
 → Multiple passages

1つの文書
2つの文書
 → 複数の文書

28 → 29
20 → 25

新形式問題導入に伴う問題構成の変更点

リスニングセクション(約45分)

パート

パート名(変更事項を色文字で示しています)

問題の変更点

1

Photographs

写真描写問題

10 → 6

2

Question - Response

応答問題

30 → 25

3

Conversations
→ (with and without a visual image)

会話問題

30 (3×10) → 39 (3×13)

4

Talks
→ (with and without a visual image)

説明文問題

30(3×10)

リーディングセクション(約75分)

5

Incomplete Sentences

短文穴埋め問題

40 → 30

6

Text Completion

長文穴埋め問題

12 (3×4) → 16 (4×4)

7

・Single passages
・Double passages
 → Multiple passages

1つの文書
2つの文書
 → 複数の文書

28 → 29
20 → 25

<リスニング>
Part 1:
写真描写問題(比較的やさしい) → 減少
Part 2:
応答問題 (比較的やさしい) → 減少
Part 3:
会話問題  → 難しくなった
従来から難しかった会話問題は30問から39問と問題数が増え、しかも長い会話が採用されるようになって難易度が増しました。3人による会話が加わる等、よりいっそう日常的な会話に近づいたのも特徴です。
Part 4:
説明文問題 → 難しくなった
いろいろな意味に取れてしまうような表現を、前後関係の意味合いをしっかり聞き取って判断しなければならない等、説明文問題も難しくなっています。
<リーディング>
Part 5:
短文穴埋め問題(比較的やさしい)→ 減少
Part 6:
長文穴埋め問題 → 難しくなった
比較的やさしい短文穴埋め問題が減少すると同時に、長文穴埋め問題が増えています。今回の改訂が全体として「長文化」の傾向にあることがわかります。
Part 7:
読解問題 → 難しくなった
読解問題は48問から54問と問題数が増えています。リーディング・セクションは100問なので、半分以上が読解問題ということになり難易度が増したと言えます。また複数名がやり取りを行う設定の文章が加わり、マルチプル・パッセージと呼ばれる3つ以上の文章や図表を関連付けて解答する問題も登場しました。

新形式TOEICは確実に難しくなった

以上の観点から新形式TOEICは確実に難しくなったと言えます。特にそれは、次の3つのポイントで顕著です。

1.長文問題が増えた:

リスニングでは、やり取りの多い会話文を聴いたり、リーディングでも長文形式の問題が増えました。

2.実用表現を含む問題が増えた:

Elisions(省略形)、 Fragments(文の一部分)を含む会話文を聴き取る問題、またテキスト・メッセージやオンライン・チャット形式のやり取りを読み解く問題が導入されました。

3.マルチプル・パッセージの導入:

3つ以上の文章や図表を関連付けて解答する問題が導入されました。リスニングでも、3名による会話文の問題が導入されています。

そもそもなぜTOEICはたびたび改訂されて難しくなるのでしょうか。その理由は、以前からTOEICには「高スコア保持者なのに、仕事で英語が使えない人が多い」という批判があり、今回の改訂は批判をかわす目的があったと思われます。

もちろんTOEICテストを開発したETS (Educational Testing Service)は「それぞれのテストの前後に入念なデータ処理をしてスコアの不変性を維持しているので難易度は変わらない」としていますが、より「実践的な英語力」が求められるテストに改訂された以上、「確実に難しくなった」と言わざるをえません。ですから、試験テクニックに偏重した付け焼き刃のTOEIC対策しかしていない人は確実にスコアを下げることになります。

新形式TOEICは確実に難しくなった

スーパーエルマーは、新形式TOEICが重視している「実践的な英語力」を養成する教材です。スーパーエルマーで学習すると、「英語の語順」のまま英語を理解する力、つまり「ネイティブ思考法」が養成されるので、応用力の豊かな「実践的な英語力」が身につきます。

その結果、実際のTOEICの試験では次のような効果が期待されます。まずリスニング・セクションでは「英語の語順」でセンスグループ(意味のまとまり)ごとに反射的に英語が理解できるので、正解率が飛躍的にアップします。リーディング・セクションでは「返り読み」をしなくなるので、どのような長文も素早く正確に読めるようになり、難しい問題も余裕をもって解答できるようになります。

新形式TOEICでは、試験テクニックに偏重した付け焼き刃の英語力しか持たない多くの人がスコアを下げるので、算出法が偏差値方式に近いTOEICでは「実践的な英語力」を持つ人が相対的にさらにスコアを上げると予測されます。結論として、新形式TOEICでは、スーパーエルマーでトレーニングを積んだ方が、今まで以上にスコアアップしやすくなることは間違いありません。

ユーザーのTOEICスコアアップ事例 - スーパーエルマーの圧倒的な効果 -

ユーザーのTOEICスコアアップ事例 - スーパーエルマーの圧倒的な効果 -

TOEICスコアが545点から905点へ、9か月で360点の伸び!

川口 有沙さん(北海道)

川口 有沙さん(北海道)

最初は体験談のあまりの凄さに半信半疑でした。

でもHPに書いてある独特のメソッドに魅力を感じ「物は試しだ!」と受講しました。

はじめ「これで聞こえるようになるのだろうか?」と不安になりました。

でも継続することに意味があると思って何とか続けました。
すると半年くらいした時から急に英語が聞き取れるようになってきました。

「これはいける!」と思ってさらに真剣に学習を続けました。
その結果、TOEICスコアが545点から905点と自分でも信じられないくらいスコアがアップ!

9か月で360点も伸びました。スーパーエルマーに出合うことができて本当に良かったです。

今後もリスニングのスキルを落とさないように学習を続けたいと思います。

TOEICスコア

このページのトップに戻る

TOEICスコアが150点もアップ!
リスニングだけでなく、リーディングも伸びました

勝間田 賀章さん(静岡県)

勝間田 賀章さん(静岡県)

新年度の目標として860点以上を決めたのですが、さてどうやって勉強してよいのか皆目見当もつきませんでした。
そこでスーパーエルマーの無料サンプルを取り寄せました。

資料に掲載されていた体験談、および Web掲載の体験談を読んでスーパーエルマー「CBSコース」の購入を決心しました。

学習時間は通勤時間の往復と昼休みの隙間時間でおよそ2.5時間を月〜金曜日に行いました。土日はPart5の問題を中心に1時間程度学習しました。

学習開始から3か月たった月末にIPテストを受験したところ、685点から150点UPの835点をゲットできました。

リスニングは380点から460点まで伸びたので、このまま学習を続けてリスニング満点を狙いたいと思います。

スーパーエルマーは内容がバラエティに富んでおり毎日聴いても飽きませんし、繰り返し聴くことで「返り読み」の癖がなくなりました。

結果的にこれがリーディングのスコアアップにもつながったのだと思います。

TOEICスコア

このページのトップに戻る

グローバル部署に配属になり英語力が不可欠に!
「VOAコース」を受講して9ヵ月でTOEIC 205点もアップ!

飯尾 文彦さん(東京)

飯尾 文彦さん(東京)

会社内で英語を使うグローバルの部署に異動となり、自分の英語力が壁になりました。

現状を打破するべく、様々なTOEIC本で学習し、社内のTOEIC研修に参加しましたが、なかなか思うようなスコアが出ません。

このままでは仕事の支障になると悩み、いろいろ調べたあげくスーパーエルマー「VOAコース」に賭けることにしました。

当教材で英語を「返り読み」しない徹底的なトレーニングをした結果、リスニングのみならずリーディングにおいてもスピード感を持った読解力を身に付けることができました。

具体的な数字としては、第202回TOEICでスコア430点(リスニング265点、リーディング165点)、第209回TOEICでスコア635点(リスニング360点、リーディング275点)と、9か月で205点もスコアを伸ばすことができました。

以前はTOEIC600点突破が夢でしたが、今となっては単なる通過点に過ぎず、今後さらなる高スコアを目指して励みたいと思います。

TOEICスコア

このページのトップに戻る

スーパーエルマー受講生からこのような喜びのご報告が相次いでいます。あなたもスーパーエルマーに賭けて、ぜひ栄冠を勝ち取ってください。

ダン上野Jr.

「TOEIC満点続出の謎を解く!」+試聴CD 「TOEIC満点続出の謎を解く!」+試聴CD
スーパーエルマーのサンプル資料ご請求
スーパーエルマーのお申込みはこちら 各種クレジットカード コンビニ・代引対応
  • まずは無料サンプルをご請求ください!
  • お申込みはこちら 各種クレジットカード コンビニ代引対応
  • サイト上で試聴できます
  • 何でも気軽にご相談ください 0120-46-4848 東京SIM外語研究所
  • ダン上野Jr.の英語相談室 東京SIM外語研究所ダン上野Jr.が、あなたの英語学習の疑問に直接お答えします。
  • 報奨金10,000円を獲得しよう!「スコアアップ・コンテスト」「満点コンテスト」で報奨金10,000円!
  • 「レバレッジ勉強法」で絶賛! ベストセラー「レバレッジ勉強法」著者の本田直之さん推薦文
  • ダン上野Jr.のワンポイントアドバイス
    • 1.「英単語」をたくさん覚えれば英語はOK?

      英単語を単独で勉強するのは非効率的です。最善の方法は、文章の中で覚えること…

      続きを見る

    • 2.「英文法」を勉強しないと英語はできない?

      日本の英語教育の問題は「文法偏重」にあります。もっと意味に即した理解が必要…

      続きを見る

  • ダン上野Jr.のブログ TOEIC(R)Test満点続出の謎を解く!
スーパーエルマーのサンプル資料ご請求
スーパーエルマーのお申込みはこちら 各種クレジットカード コンビニ・代引対応
『ネイティブ思考 英語勉強法』Amazonランキング「英語の学習法」で第1位! ダン上野が本を出しました
スーパーエルマーでTOEICリスニング満点続出 体験談をご覧ください!
齋藤絵夢さん

「ネイティブとの会話もほぼ100%理解!」

海老原ミイさん

「まさか自分がリスニング満点とは!」

安部正夫さん

「レバレッジ勉強法で絶賛のスーパーエルマー」

当研究所にお越しくだされば、実際のスコアシートをご覧いただけます。
役に立つ無料メルマガ あなたのTOEIC、TOEFL、英検対策はこれで万全です!お気軽に登録してください!
このページトップに戻る
サイトマップ
このページトップに戻る
このページトップに戻る