迫る「英語公用化」厳しい時代を生き抜くために

「英語がしゃべれない社員は問題外。2年後に英語がしゃべれない執行役員はみんなクビです」−週刊東洋経済インタビュー
 
このような驚きの発言をしたのは、英語を社内公用語にした楽天、三木谷社長です。またユニクロの柳井社長は、2012年3月から社内の公用語を英語化することに向け、各人の目標をTOEIC 700点以上に設定しました。海外とのビジネスチャンスが多いシャープの研究開発部門では「英語が公用語になる」という発表がなされ、三井住友銀行は2011年から総合職の全行員約1万3千人にTOEIC 800点以上を目指すよう求め始めました。

こうした急速な環境の変化は、グローバル化が進む中、ビジネスの最前線では「英語が絶対に必要な時代」になったことを示しています。企業は今までに増して、社員に高い英語力を求めるようになり、社員間の競争や正社員になるための競争は、今後さらに激化していくものと予想されます。

このように高い英語力が要求されるようになる一方で、英語と正反対の言語構造を持つ日本語を母国語にしている日本人にとって、英語習得は最大の難問とも言えるでしょう。でも心配はいりません。スーパーエルマーの独自プログラムで訓練すると、英米人のような「ネイティブ思考法」が身に付き、速い英語スピードにも適応できるようになるので、非常に短期間に、かつ容易に英語を習得することが可能になります。厳しい競争社会で生き抜くために、ぜひスーパーエルマーを手に取っていただき、「ネイティブ思考法」の扉をいち早く開いていただきたいと思います。