「返り読み」ではダメな理由?

日本人英語の諸悪の根源『返り読み』を<<SIM同時通訳方式>>が解決

英語と日本語の最も大きな違いは、「語順」です。
日本語と英語では、語順がまったく逆なのです。
ですから、英語を日本語に翻訳しようとする場合、「語順」を入れ替える必要があります。

下の例文をご覧ください

この英文を逐語的に訳すと、
「私は、読んでいた、本を、私の父が、私にくれた、昨日」
という訳になります。
これでは、とうてい整った日本語とは言えません。
ですから、これを、整った普通の日本語にするためには、次のような順番で読まなければなりません。

これではじめて、
「私は昨日、父が私にくれたところの本を読んでいた」
という訳になります。

このような読み方を、「返り読み」と言います。
普通の日本人なら誰でも、学校で習う読み方です。
私たちは通常、あまり違和感も感じないで、
この「返り読み」をしていますが、
実はここには、致命的な欠陥があるのです。

それは、文頭から文末まで行ったり来たりするので、
「あまりにも時間がかかり過ぎる!」ということです。

ビジネス上で、メールや文献を読むにしても、
また、TOEICテストの膨大な問題を読むにしても、
私たちは、そんなに時間をかけていられません。

それどころか、返り読みの習慣は、リスニングにおいても大きな障害になります。
次から次に発せられる英語をその場で理解しなくては、スピードに追い付いていくのは不可能です。
TOEICのリスニングパートが難しいのも、英語のニュースがしっかりとヒアリングできないのも、
そのような理由があるからです。

ですから、「返り読み」をしている人は、ビジネスシーンにおいても、英語資格試験においても、
はかり知れない損失をこうむっているのです。

この問題の解決法はあるのでしょうか?
ご安心下さい!

スーパーエルマーの独自メソッド ≪SIM同時通訳方式≫が、この問題を解決しました!

このページのトップに戻る

英語を英語の語順のまま理解することにより、『返り読み』の習慣から脱却!

≪SIM同時通訳方式≫では、先ほどの例文を次のように読みます

いかがですか?拍子抜けするくらいに簡単でしょう。
このように≪SIM同時通訳方式≫では、
英文をセンスグループ(意味のまとまり)ごとに句切り、そのセンスグループごとに、「英語の語順」に沿って読みます。

これで「返り読み」する必要は全くありません。
そして、最後のセンスグループが終わると同時に、文章全体の意味も取れているのです。

やっかいな関係代名詞(which)も「返り読み」しません。

一般に、関係代名詞は「関係詞」としての役割が強調され過ぎて、「~するところの」と訳されます。
これが「返り読み」の原因になっています。

しかしSIM同時通訳方式では、関係代名詞を「代名詞」と捉えます。
ですから、whichは「それを~(父が私にくれた)」と訳すので、「返り読み」する必要がないのです。

この3つの情報さえ頭にインプットすれば、
完全に内容を理解することができます。

わざわざ「返り読み」をして、整った日本語にする必要はないのです。
こうなると、リスニングも非常に楽になります。
それは、相手の話の内容を、センスグループごとに
「英語の語順」でパッパッと捉えていくので、
相手の話が終わると同時に、内容の理解もできているからです。

実は、ネイティブである英米人が英語を理解する方法も、
この≪SIM同時通訳方式≫と 同じです。
つまり、≪SIM同時通訳方式≫を身につけるということは、
英米人と同じ「ネイティブ思考法」が身に付くことを意味するのです。

実際に、 ≪SIM同時通訳方式≫で「ネイティブ思考法」が身につくと、
「聴く、話す、読む、書く」というすべての分野にわたって飛躍が生じます。
自分でも驚くほど、英語が「使いこなせる」ようになるのです。

いかがでしょうか?
ここまで、実践的な英語上達法である<<SIM同時通訳方式>> についてご説明してきました。
実は、この <<SIM同時通訳方式>> は、画期的な英語教材に結実しました。
それが、英語教材「スーパーエルマー」です。

受講生から「TOEICリスニング満点」「スコア激伸」が続出して「TOEIC対策の切り札」「最強のTOEIC勉強法」と呼ばれています。

そしてスーパーエルマーの"実績"の秘密は、≪SIM同時通訳方式≫をリスニングに応用したHop,Skip&Jumpにあります。

このページトップに戻る

試聴申し込みはこちら

閉じる